top of page

家が「住む人」を選んだ今回の契約~受託物件~



高松市瓦町の古民家は、

ネットに掲載する前に、

申込が入った物件です。


昭和34年築

大切に

大切に

手入れをしながら使われていた家。


こんな町中に、

小さいながらも中庭がある風情のある古民家


所有者はお茶の先生だった方

きっと、

多くのお弟子さんが

正月はじめ出入りをされていたような雰囲気


家から、

当時の生活が想像できる家


今回、よい買主とのご縁がつながりました。


決済の前日に、

家に挨拶に行き、


「よい方とご縁がありました。大切に使ってくださる方です」と

報告してきました。


募集時、ネットに掲載すると、

多くの物件に紛れ、

この家のよさがなかなか伝わらない。


多くの物件が

金額やエリアで検索され

省かれる。


パソコンや携帯で検索する条件だけでない物件のよさを

わかる人にわかってもらいたい。


こんな気持ちで受託しました。


決済の日、

若い女性売主の持っている印鑑に目がいきました。


叔母さまがつかっていた印鑑を作り直し、

姪である彼女の手に。

代々引き継がれたリメイクした実印が今回決済印となりました。


買主の、

「大切につかわせてもらいます」

売主の

「よいご縁のある方と繋がってよかった」


売買のストーリーもそれぞれ。


今回は、家が、住む人 を選んだ感じがします。



__________


〒760-0062

香川県高松市塩上町2丁目17-20-201

なないろ不動産

電話:087-880-8800

✉info@nanairo-fudousan.com

詳細はDM・電話でお気軽に✉

___________


#香川県高松市 #なないろ不動産 #古民家 #香川県高松市 #家探し

閲覧数:79回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page